銃剣道の試合方法

写真:銃剣道の試合 写真:銃剣道の試合
試合方法 お互いに向かい合い、木銃(もくじゅう)というもので相手よりも早く左胸・喉を正しい姿勢で突いて勝敗を競います。
試合コート 10m四方の正方形のコートで行います。ただし大会会場によっては10mなくても良いことになっています。
1本になる突き部位
  • 左腕の上から左胸を突いた場合の「上胴(うわどう)」
  • 左腕の下から左胸を突いた場合の「下胴(したどう)」
  • 喉を突いた場合の「のど」
  • 相手が左胸を左腕で隠した時に小手を突いた場合の「小手(こて)」
  • 相手が体勢を崩した場合に相手の左胸に向かって垂直に左肩を突いた場合の「肩(かた)」

これらを正しい姿勢で突いた時に1本になります。

1本の決め方 3人の審判員のうち2人が一本と認めて旗を上げれば一本となります。
(2人審判の場合は2人が旗を上げなければならない)
勝敗の決め方
(3本勝負の場合)
  • 制限時間内に2本先取した方が勝ち
  • 制限時間が経過した場合は1本先取している方が勝ち
  • 制限時間が経過したが、お互いに1本も取っていない、またはどちらも1本ずつ取っている場合は延長・引き分け・判定のいずれかになりますが、大会規則によって異なります。
勝敗の決め方
(1本勝負の場合)
  • 制限時間内に1本先取した方が勝ち
  • 制限時間が経過したが、お互いに1本も取っていない場合は延長・引き分け・判定のいずれかになりますが、大会規則によって異なります。

基本技試合(小学4年生以下)

写真:基本技試合(小学4年生以下) 写真:基本技試合(小学4年生以下)
試合方法 小学4年生以下は体の発達等を考慮し、用具を着けない基本技の試合を行います。
用具を着けた試合とは異なり、二人の選手が並んで決められた基本技を行い、勝敗を競います。
試合コート 用具を着けた試合と同様
勝敗の決め方 3人の審判員のうち2人が姿勢や発声等総合的優れていると判定し、旗を上げれば勝ちとなります。

コメントは停止中です。