銃剣道・短剣道について

銃剣道とは

写真:銃剣道

銃剣道は、槍術の「突き技」を基調として明治初期に創成され発展した武道であり、木銃を用いて相手の喉・胴等への「突き技」で競い合う競技です。

昭和31年に全日本銃剣道連盟が結成され、現代の武道として古来伝統武道の真髄を継承 しつつ発展してきました。

銃剣道の歴史、指標、由来、本旨、服装・用具、競技方法について詳しくご紹介します。

 詳細はこちら

短剣道とは

写真:短剣道

短剣道は、剣術の「片手による小太刀の技」を基調として明治中期に創成され発展した武道で、短竹刀を片手で操作し比較的近い間合いで競い合う競技です。

全日本銃剣道連盟では昭和53年に短剣道を導入して普及を始め、段位制定を行いました。

短剣道の歴史、指標、本旨、服装・用具、競技方法について詳しくご紹介します。

 詳細はこちら

コメントは停止中です。